2020 天皇賞(秋) 予想

出走頭数が12頭と少し寂しい感じですが、なかなか面白いメンバーが揃いました

その筆頭は『アーモンドアイ』

去年の有馬記念以外は馬券圏内を外していない上にG1を7勝、しかも去年の天皇賞(秋)で勝っています

安田記念で負けた後に間隔を開けて出走というところも去年と一緒で、休み明けにも滅法強いです

こうなると負けない気がしますが、ここはあえてアーモンドアイを外して…

とかって考えていると馬券外れます

負ける気がしないので配当が安くても買うことにします

相手もやはり去年のエリザベス女王杯以外は馬券に絡んでいる『クロノジェネシス』にします

馬連一点で勝負しても良いのですが、ここはあえてワイド一点とします

結果的に馬連で行けば良かった、とかってなるかもしれませんが、そもそも馬連もそんなにつかないと思います

追加での購入はしないつもりですが、気になっているのは『キセキ』です

そこを考慮してのワイド一点なので、キセキが来たときは素直に祝福します

今までの負けパターンで多かったのが

強いと思うけど配当が安いから買わない

という意味不明の行動です

今回の天皇賞で3番手を当てるのはかなり難しいと思います

狙える馬がいないのにあえて強いと思っている馬を外して買うなんて理解できませんよね

アーモンドアイがG1での8勝目をあげる姿を楽しみにしています



その他の重賞

スワンSは『サウンドキアラ』の単複

アルテミスSは『ククナ』の単複

でいきます

とにかく単複が当てられないうちは馬連とか3連単が当たるわけがないので、しばらくは単複中心で馬券を買っていきます

ちなみに重賞以外のレースでは2頭選んで単複という買い方を試していく予定です



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中